結婚式の意味と近年のありかた

>

結婚する前から喧嘩は避けたい

意見の食い違いがトラブル

結婚式に興味がない、または本当はやりたくない男性は全体の半数以上になります。
以外に女性も4割程度はあまり気が乗らない人もいるようですから、トラブルはこの差の15%ほどかあるいは組み合わせにもよるのでしょうか。
お互い結婚式をしたくない40%と60%のカップルならば円満解決の割合が多いのですが、実際はせっかくの仲良しカップルも喧嘩してしまうほどと言います。
色々調べてみるとどうも男性が式に熱意を持たないという声を多く聞きます。
最も多いトラブルはやはりお金に関することで、もともと熱心でない男性が協力しないのにお金面で細かいなど、これから結婚する二人の最初の喧嘩、最初の試練とも言えます。
また案外多いのが親子喧嘩で親の口出しが嫌という意見がよく聞かれます。
また両家で意見が合わないケースもあります。
それぞれの立場からものを言うようになると事態はどんどん悪化の一途ですね。

心を込めて

確かに双方、親族で意見も食い違うことがあるのでしょうが冷静に話し合いをしましょう。
二人で人生を共に生きると決めたのですから感情的ならなければきっと解決する問題です。
格安で挙式を上げたい希望が一緒なら互いの意見にも耳を傾け軌道修正して先の楽しい人生に思いを込めましょう。
実際多くの結婚式に参加させていただいた経験から、今も心に残っている結婚式というのはやはり素朴でも優しさ溢れるあたたかい式です。
新郎新婦の足並みも揃い、最後にはスタッフにも一人ひとり挨拶をされていたり、また新婦のご両親への感謝のお手紙にはもらい泣きをしたこともあります。
人生で自分の親に感謝の気持ちを伝えることってあまりないですよね。
与えられた機会にどちらのご両親親族にも、また来ていただいた友人や関係者にも誠意を込めて感謝する結婚式は格安でも最高のものになるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る