結婚式の意味と近年のありかた

>

できるだけ節約したい

少人数で格安

少人数でアットホームな挙式が増えています。
少人数とは一般的に何人位からをいうのでしょうか。
統計的には10人から30人ほどは少人数と解釈されほぼ全体の3割強を占めています。
親族が中心の場合は10人から20人で、これに友人がプラスされて30人弱という内訳です。
内観や詳細もブライダルフェアーを事前に予約もできますから二人でよく見て決めると良いですね。
キャンペーンも随時あるようですから色々利用するとかなりの費用が割引されたりあるいは電子マネーとしてプレゼントされたりすることもある様ですから組み合わせるとかなりの節約になります。
挙式のみでは10万円以下も多数あります。
ほとんどが衣装、ヘアメイク、記念撮影がセットになっています。
人数は2名から100名以上まで参加は可能です。
あくまで挙式のみ思い出にという場合は二人だけの挙式も多いようです。

0円の結婚式って知ってますか

0円ですがきちんと結婚式を挙げたい人に人気のシステムです。
すべてをお祝儀内に収めることで実現しました。
通常100万円の予算で計画しても追加として費用が上乗せされることがあります。
例えば、カメラ撮影や衣装、引き出物に、お花などですが、これらにかかる費用は意外に高額です。
平均的には総額30万から40万ほどの費用が発生します。
しかし0円の結婚式ではこれらをすべて持ち込むことが可能です。
ご両親の手作りであったり、ビデオカメラも持ち込みが可能ですからここで大きく節約できるのです。
披露宴などもホテルやレストランと決して人気がないから安いというのではありません。
つまり式場選びも選択肢が豊富という事ですね。
プランナーのサポートも大変充実しているようですが、面倒と思わず節約のためしっかりプランをたて、手作りの心のこもった結婚式挙げませんか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る